僕らは1本のチョロリも許さない。
鼻毛脱毛ワックスを各種いろいろ試してみた!
OTHERS

綿棒使った鼻毛脱毛の挑戦! スティックが無いなら綿棒を使えばいいじゃないか!

そう、あれは前回 WASSA を用いて、鼻毛脱毛をした際に、

取扱説明書にこんな記載が。

そりゃそうでしょ。棒状のものだったら取り敢えずなんでもいけそうです。
別にスティックが足りなくなってしまったわけではないですけど。
まだまだたくさんあるし、買おうと思えば、安価で大量に購入できる。

でも、プチ高級品を使ってみようという他のエントリーで、極太綿棒を買ってみたものだから(その使い心地は最高でした)、それを使ってみようと思いました。

 

極太綿棒とありますが、極太なのは軸ではなく、綿の付いてる箇所のことです。
軸だけが極太だったら面白いですね。

 

ブラジリアンワックスは、大量にある、WASSA のモノを使用してみましょう。
もしかしたら相性のようなものがあるのかもしれませんが。
いつものようにレンジで温めて、トロトロに溶けたブラジリアンワックスを綿棒に絡める。

かなり絡めやすいです。相性、バツグン。
そりゃあ、ツルツルしたプラスチックの棒よりも、綿棒のほうが抵抗もあり絡みやすいでしょう。

液(ワックス)垂れもありませんでした。

さあ、鼻穴に突っ込んで、ゴニョゴニョして乾いたら引っこ抜きます。

心配だったのは、綿棒の先っぽだけがスッポリ抜けて、鼻の穴の中在中になってしまうことでした。
恐怖の、ペンチで引っこ抜く儀式が待ってます。

が、そんな心配は皆無でした。

素晴らしい。

いつも、画像にモザイクを掛けてます。お食事中の方や、グロいと感じる人への配慮でした。
でも普通になんの躊躇もなく、大量に抜けた、ふさふさと生い茂ってるブツを載せてる人もいますし、どうなんでしょうね。
でもきっと、これ専用の画像掲示板がありそうです。
あの、鼻の毛穴掃除シートのように。探せば見つかりそうだけど、あえて探しません。

 

そう、綿棒ということは両側にコットン玉があるわけで、もう片方も使える。

でも、両方にブラジリアンワックスを一度に付けるわけにはいきません。


よって、片方には、鼻毛処理後、消毒液マキロンを湿らせて、鼻にツッコミ消毒を行う。
これ、とてもいい使い方だと思います。消毒することも忘れません。

 

結論

もしも(たぶん無いだろうけれど)ワックスのみが大量に余ってしまった場合は、スティックを新たに購入するのではなく、極太綿棒を購入するべきだと、そう思います。コレまでの経験上、ワックスのほうが必ず余ります。