僕らは1本のチョロリも許さない。
鼻毛脱毛ワックスを各種いろいろ試してみた!
GOSSO

GOSSOで鼻毛脱毛!本当にゴッソリ抜けちゃうよ!

GOSSOでごっそり鼻毛抜き!

何が凄いって、このパッケージのデザインのインパクト。

ブラジリアンワックスを用いての鼻毛脱毛の製品は、それこそあまたあります。
もっとリーゾナブルなものもありますけど、初めてだし、このパッケージの顔のインパクトに負けて、この「GOSSO」を選びました。

 

取説はこんな感じで ───


まあ熟読するまでもないだろうけれど、火傷とか、差し込みすぎとか嫌なので、ある程度は目を通します。

 

箱の中身はこんな感じ。


これが3回分です。
鼻穴に挿す黒色のステックは、3回分なので6本入りだけど、白い粒のブラジリアンワックスはもっと何回もできる分量が入ってるみたい。
黄色い蓋の容器(電子レンジで加熱するときに使う)にも、すでに最初から結構な量の粒が入ってました。サービスでしょうか。

だから上手いこと工夫すれば、3回とは言わず、5回、6回、それ以上できると思います。

 

お恥ずかしい話、パッケージに3回分と書いてあるのですが、最初は、鼻穴に挿入するスティックが3本だけしか入ってないものだと勘違いしてました。

「鼻穴は2つだから、1本余るなあ」
「どうするんだろう。耳毛があって処理したいとしても、耳の穴も2つだし」
「なのに、奇数…え!?穴がひとつのところといったら!!??

(=´Д`=)ゞ イヤァ ──

 

電子レンジ 500W だったら 3分半

黄色い容器に、白い粒(これがブラジリアンワックスか!)を入れて、電子レンジで温めます。1回目は最初から適量が容器の中に入ってました。

何度か溶け具合を確認しつつ、時間を調整し、取り出します。
あとは子供の頃に駄菓子屋で買って食べた水飴の要領で、黒いスティックに付着させます。

意外に綺麗にできました。磁器のようにツヤツヤです。
コレを鼻穴に突っ込むのか。うん、少し勇気がいりますね。
熱すぎるとヤケドしそうだし、冷めちゃったら固まって粘着力が無くなりそうだし。
微妙な調整というか、感覚、勘が必要です。

鼻に突っ込み、取説に書いてあったように、鼻毛を巻き込ませるように少しゴニョゴニョして、じっと冷めるのを待つ。
なんと間抜けな顔でしょう。
最近、美容院や専門のお店でなく、自分で自宅でやる人が増えてる理由がわかるような気がしました。

そして、一気にブッチっと、引き抜きます。

躊躇してはいけません。
余計に痛いくなりそうだし、そのほうが綺麗に抜けるような気がします。

おー!!取れてる!抜けてる!大漁じゃ!!
見事です。一応、モザイクを掛けておきました。これはグロ画像の部類なのでしょうか。
鼻毛穴パックの使用済みシートを自慢げに投稿する画像掲示板がありました。もしかしたら、鼻毛脱毛の掲示板もあるかもしれませんね。あえて探しませんが。

チュッパチャップスの新製品のように見えなくもありません。

あ、それほど痛くはありませんでしたよ。今更ですが。

しっかりとマキロン等で消毒をしましょう。

ウジウジとちょっとずつやってたら余計に痛いと思います。
だから思い切って一気に。
取説には 鼻穴には1本ずつ挿入してください。とありますが、僕としては両鼻穴同時にやることを推奨します。
片方であまりに痛かった場合、もう1回やるとなるとかなり勇気がいります。両穴に挿しちゃえば、どうしたって抜かなきゃないですからね。 

 

鼻毛脱毛、とてもスッキリしました。

鼻毛脱毛、とても気持ちがいいものですね。

上を見ながら鏡を見ても、鼻毛が全く存在しません。1本も見当たりません。
僕の場合は、鼻毛に白髪が少し混じっていたので、それが余計に嫌でした。

指を突っ込んでみてても、ツルツルしてとても気持ちよく、全身脱毛しちゃう人の気持ちがなんとなく分かったような気がします。しませんけどね。

鼻毛脱毛、どのくらいの頻度で繰り返すべきか?

人それぞれなのでしょうが。
でも鼻毛は必要性があるから生えているわけで、こんなにスッキリしてしまったことにより、風邪を引きやすくなったり、ゴミを吸い込んでしまい、むせやすくなったりするんでしょうか。
だとしたら考えものですね。

でも今はとにかく気持ちが良いのです。満足です。